木更津市の内科・消化器科│胃カメラ、大腸カメラ、内視鏡検査、君津市、富津市、袖ヶ浦市

浪久医院│木更津市の内科・消化器科│胃カメラ、大腸カメラ、内視鏡検査、君津市、富津市、袖ヶ浦市

土日診療
診療時間
9:30 - 12:30
13:30 - 16:30
0438-22-3173

千葉県木更津市中央1-6-1

「木更津」駅より徒歩5分

その他


Others

呼吸器系の診療

浪久医院呼吸器領域の一次診療、 在宅持続陽圧呼吸療法(睡眠時無呼吸症候群治療) を行っております。

 

ぜんそく

ぜんそく(気管支喘息)は気道の炎症が原因となって引き起こります。
ぜんそくの人は、特に症状が起きていないときでも常に炎症がおこっており、健康な人間と比べて気道がせまく、空気が通りにくくなっています。さらに炎症のため、タバコの煙やホコリに敏感になっており、わずかな刺激で発作が起こる状態になっています。

ぜんそくの治療は、気道の炎症を治療することが中心となります。

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPDは【Chronic Obstructive Pulmonary Disease】の略で、「慢性閉塞性肺疾患」と呼ばれます。
有害物質の吸入が原因となって気道が炎症をおこし、呼吸が苦しくなる病気です。主な原因はタバコの煙で、COPDの90%以上が喫煙によるものと言われています。

 

気管支炎

気管支炎とは、主に気管支(下気道)の炎症が原因で咳や痰などの呼吸器症状を引き起こす病気の総称のことです。
急性と慢性に区分され、自身の喫煙や周りの人間からの受動喫煙により症状の悪化・慢性化する危険があります。

循環器系の診療

浪久医院循環器系領域の一次診療を行っております。

 

心不全

心臓は絶えず血液を送り出し身体全体に血液の流れを作るポンプの役割をしています。これを拍出(はくしゅつ)と言います。
何らかの理由で心臓の拍出機能が損なわれると、身体が必要とする量の血液の循環が保てなくなります。これを鬱血(うっけつ)と言います。
左心系と右心系のどちらで不調が生じたのかが非常に重要で、これにより鬱血の症状も変わってきます。
当院では、急性心不全、慢性心不全、どちらの治療も行っております。

 

心臓弁膜症

心臓には二つの室(右心室、左心室)と二つの房(右心房、左心房)があり、それぞれには血の逆流を防ぐための弁がついています。
弁が何らかの理由で正常に機能しなくなると、息が苦しくなったり、疲れやすくなるほか、最悪の場合には死に至るケースもあります。
治療法は、症状によって薬物治療と手術があります。

 

虚血性心疾患(心筋梗塞・狭心症)

虚血(きょけつ)とは、心臓に十分な量の血液が送られない状態のことです。
心筋梗塞と狭心症をまとめて虚血性心疾患と言います。

 

心筋梗塞

心臓は365日24時間、絶えずポンプとして動き続け、身体中に血液を送り出し続けています。この心臓の細胞に栄養と酸素を送り届けているのが冠動脈です。
冠動脈血管に血栓が生じ詰まってしまうと心臓の細胞が酸素不足で壊死してしまいます。この症状を心筋梗塞と言います。心筋梗塞は重症の場合、死に至ることもあります。

 

狭心症

狭心症と歯、冠動脈血管の中に生じたプラーク(コレステロールの塊)が原因で血管が狭くなり、心臓に送られる血の量が一時的に不足してしまう病気のことです。
重いものを持ち上げた時、運動をした時、駅の階段を登った時などに突然胸が痛くなることがありますが、これが狭心症です。これらの症状は一過性のものでしばらくすると症状がなくなります。

 

閉塞性下肢動脈硬化症

身体中に栄養と酸素を運んでいるのが動脈です。
動脈の血管が年齢と共に固くなったり血管内部が狭くなったりして動脈の流れが悪くなることがあります。
このような症状を動脈硬化と呼びます。
閉塞性下肢動脈硬化症は徐々に血管が閉塞してしまう病気です。
症状が進むと下肢を切断しなくてはならなくなります。

甲状腺・血糖の検査・治療

浪久医院インスリン療法、 内分泌・代謝・栄養領域の一次診療を行っております。

泌尿器・腎臓系の検査・治療

浪久医院腎・泌尿器系領域の一次診療を行っております。

 

腎機能障害

腎臓は、老廃物(尿素窒素、クレアチニン、尿酸など)を尿として排泄するために血液のろ過を行う臓器です。
他にも、「体に必要な電解質のイオンバランスを保つ」「血圧の調整」「造血ホルモンの分泌」「活性型ビタミンD3をつくる」など様々な機能があります。
腎臓は悪くなってもなかなか自覚症状が表れず、血液検査の結果に異常が出たときにはかなり進行している場合もあります。
腎不全になると起きる障害は主に以下の5つになります。

 

老廃物がたまる 老廃物や余分な水分が排泄されず、むくみ、倦怠感を感じるようになり、吐き気、頭痛、食欲不振などの尿毒症が起こります。
進行すると、心不全や肺水腫などの命にかかわる合併症を起こすこともあります。
電解質のバランスが崩れる 体が酸性に傾き、食欲の低下、吐き気や嘔吐、頻脈などの症状が表れます。記憶障害を引き起こす場合もあります。
血圧の上昇 腎臓内の血流量が減少すると、腎臓は血圧が低下したと勘違いをし、レニン(血圧を上昇させる酵素)の過剰分泌により血圧が上がります。
貧血

血ホルモンの分泌低下により、骨髄への赤血球を作る指令が伝わらず、貧血になります。

骨粗しょう症 活性型ビタミンD3が作られなくなると、小腸からのカルシウム吸収が妨げられることにより血中カルシウム濃度が低下し、骨がもろくなります。

診療カレンダー

12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

診療日程の変更について

12月11日(火)の診療は、15時までとなります。

12月23日(日)は、臨時休診とさせていただきます。

12月29日(土)~1月4日(金)まで、年末年始の休診となります。

休診 休診    休診 午前休診    休診 午後休診    休診 診療時間変更